ソーラー・タウン西所沢

小高い丘を開発して22区画の街をつくる計画で、全戸が太陽熱利用の暖房を考えたパッシブソーラーハウス(OMソーラーの家)。家ごとに記念樹を植えてもらい、それらは将来この街の街路樹の役目を果たすことになる。街の景観を考えて、屋根と外壁の仕上げは統一、2階部分の塗り色は3色から選択できるようにした。家の質はもちろん、それと同じ価値で景観環境を充実させることにエネルギーをかけなければと思う。